スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚園寺の紅葉

 覚園寺に紅葉を見に行ってきました。

Img_5c2327.jpg Img_5c2303.jpg Img_5c2336.jpg Img_5c2265.jpg Img_5c2263.jpg Img_5c2237.jpg

 夢のようにきれいでした。緑から黄色を通り、橙、赤へのグラデーション!


 覚園寺は、最寄のバス邸(大塔宮)から10分ほど歩くのですが、寺に向かう道すがらの街並みも素敵で、紅葉が楽しめました。

Img_5c2208.jpg Img_5c2344.jpg


 お昼は、鎌倉宮近くのかえで茶屋というお店でとりました。

Img_5c2349.jpg Img_5c2350.jpg

 和食ですが、雰囲気は洋風。何年も前にも、一度入ったことあるかも。



Img_5c2361.jpg Img_5c2380.jpg Img_5c2394.jpg Img_5c2374.jpg

 鶴岡八幡宮には、ゆりかもめがたくさんいました。ゆりかもめって見た目はちんまりしてるのに、声はギャアギャアうるさい。なんか自分見てるみたい(笑)。ゆりかもめに比べると、カモはおとなしくて優美。


【 着物 】

Img_5c1774.jpg Img_5c2454.jpg
十日町紬に八寸名古屋。

 赤と緑を多用し、半衿はトナカイ、帯留めはクリスマスツリー(100均の箸置)と、クリスマスを意識しました。

 黒い帯はどう使っていいか分からず、いままで出番がなかったのですが、前日、通訳案内士の会場で、黒い八寸名古屋を大島紬に締めている方を見かけ、素敵だったので、真似してみました。帯留めを目立たせたかったので、胴帯の柄は脇に寄せました。柄を湧きに寄せたことで、「ザ・昭和」な感じが和らぎ、ハイカラな雰囲気になった気がします。

 
Img_5c2224.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。