スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

 すっかりご無沙汰しております。もう4月ですが、これが今年最初の更新ですね。

 なぜ更新しないかというと、着物を着ていないからです。

 なぜ着ないかというと、1月に足を痛めてしまったからです。中足骨頭部痛というのになってしまったらしく、靴の中敷なしでは痛くて歩けません。草履は中敷が使えないので、履けないのです。

 家の中ですら、中敷なしではすぐ足が痛くなるので、室内履きの中に中敷を入れて歩いています。

 そんなわけで、着物は1月から全く着ていません。

 実はこの4月に長女の結婚式・披露宴があり、留袖を着ます。これはもう例外的なイベントですから、足の痛み云々は言っていられない。足が痛かろうが何だろうが、とりあえず無難に母親の役をこなさねば。



 留袖は、昨年中に一枚、新古品を購入しておいたのですが、結局レンタルを着ることにしました。気に入った柄のレンタル品を見つけたからですが、自前の留袖は、いろいろ考えているうちに面倒くさくなってしまった、というのもあります。

 何が面倒だったかというと、

 留袖用の白い帯締めと帯揚げを持っていない。これをどこかで買わないと。

 手持ちの白い長襦袢の裄が短めで、留袖と合わない。

 レンタル品のほうが、半衿もきれいについていそう。

 レンタルなら小物まで一式揃っているけれど、自前だと自分で点検して漏れがないよう、揃えなくてはならない。
 (昔、友達の結婚式に振袖を着ようと思って式場に持っていったら、なんと帯が入っていなかった、という笑えない経験があります)

 レンタルなら式場に直接送ってもらえるけれど、自前だと自分で持っていって、帰りも持ち帰らなければならない。

 レンタルは着たあとそのまま返せるけれど、自前は着たあとの手当てが必要。


・・・うーん、やっぱりレンタルは便利。申し込みさえすれば、あとは何も考えなくていいところが便利です。

 去年までのわたしなら、着物ファンの意地で、自前のを着たと思いますが、いまは着物テンションが極限までダダ下がり。レンタルするまでは、留袖のことを考えると、億劫で億劫で仕方がなかった。

 気に入った柄を見つけ、レンタル予約を入れた途端、それまでの気の重さが一気になくなり、「この柄が着られるんだ」と思ったら、結婚式が待ち遠しくなりました。

 着付けとヘアメイクも、式場に予約を入れました。ただ会場に足を運び、まな板の鯉になっていれば、支度が全部済むはずです。


 着物ファンにあるまじき解決方法で、スミマセン。

 でも、レンタルを借りたことで、着物を着ることが楽しみになってよかったな、と思いました。


 結婚式が終わったら、初めての留袖体験記を書きます。(そう、留袖着るの、初めてなんです)

 そのあとは・・・。足の痛み次第ですね。

 結婚式の次は、いつ着物を着られるかなあ? この足は、治るまで3年かかる人もいるらしいので。

 あーあ。もう、着付けのやり方、忘れちゃったかも><

 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。