留袖体験記

 土曜日、ついに娘の結婚式でした。

 ついに、というのは、娘はすでに昨年の秋に事実上、法律上、結婚しているからです。昔は入籍と式・披露宴がセットでしたが、最近は入籍を済ませてからゆっくり式に向けて準備するカップルが多いようです。

wedding16_04.jpg
バージンロード(リハーサル)。


 今どきのウェディング、何だか不思議で面白かったです。

wedding16_02.jpg
指に馴染んだマリッジリングを外し、改めて指輪の交換(笑)。

wedding16_03.jpg
とっくに入籍してるけど、改めて結婚証明書にサイン(笑)。


wedding16_01.jpg

 ちなみに式場は横浜・日本大通りのla banque du LoA。かつて銀行として使われていた建物で、市の指定文化財だそうです。文明開化の香りがするロマンチックな洋館でした。


wedding16_40.jpg wedding16_41.jpg
式は弦楽カルテットの生演奏。

wedding16_42.jpg
牧師さんは西洋人。日本の結婚産業、さすがに手が込んでいる(笑)。


wedding16_05.jpg
贅沢にも、一棟貸切でした。



 さて、こんな洋館で、母親は何を着たらいいのか?

 せっかくだから留袖が着たい、と思いました。留袖って着たことないので。

 でも建物内のチャペルで挙式ってことは、父親はモーニングに決定。・・・ということは、夫婦のつりあいからして母親も洋装かな?

 ところが親ごころゼクシィ(というのがあるんですねえ)を読んだら、今は半数以上がチャペル挙式なのに、母親の衣装は75%が留袖なんですってね。

 新郎のお母さまも同じページをご覧になったらしく、じゃあ父親は二人ともモーニング、母親は留袖にしましょうか、と切り出してくださいました。こういう話し合いって新郎側が口火を切ってくれると助かりますね。

 まあそれぞれ好きなものを着るんでもいいとは思いますが、両家で揃えたほうがビジュアル的にきれいだし、結婚式って一種のショーだから、なるべくなら列席者の前で、両家の息のあったところを見せたいじゃないですか。「このカップルなら末永くうまく行きそうだ」と、列席者を安心させるのも披露宴の目的の一つですものね。

wedding16_07.jpg
おかげさまでシンメトリーに決まりました。


 留袖はレンタルしました。レンタルで気に入った柄を見つけたので。

wedding16_23.jpg wedding16_24.jpg wedding16_19.jpg
左がわたしの留袖の柄です。前にも後ろにも鳳凰が飛んでいて華やかなのと、青緑色のエキゾチックな雰囲気が気に入りました。

真ん中は新郎のお母さまの留袖。暖色系で優しげ。こちらはツルですね。

 お互い色がかぶらず、でも柄の華やかさや生地の良さなどは釣り合っていて、良かったと思います。右はわたしの手持ちの留袖。こうしてみると、色がなくて、地味だなあーーー。これにしなくて良かった・・・。

wedding16_21.jpg
上はわたしの帯。「帯はお任せ」というレンタルショップが意外と多かったのですが、このお店は帯の柄が決まっていて、それが素敵だったのもポイントでした。

 最初は自前のを着ようと思いましたが、レンタルにしてよかったです。何も考えなくても全部業者さんが揃えてくれて(わたしが頼んだ店は、なんと補正用のタオルまで入れてくれてました!)、式場の着付け係に送ってくれて、帰りはまた着払いで式場から送り返せ、本当にラクでした。

 夫のモーニングは、新郎側が「タキシード.com」というレンタルショップで借りると聞き、こちらも同じものをレンタル。良心的な価格の上、事前に無料で試着できるサービス(自宅に届けてくれる)が良かったです。服はぴったりでしたが、靴が少しきつかったので、ワンサイズ上げました。

 新郎側と品番まで同じにしたのは品質を揃えたかったからですが、ネクタイの柄まで同じだったら制服みたいでヘンかも、という一抹の不安が。でもネクタイが2本ついていて、好きなほうを選んで使えたので、柄がかぶらずに済みました。

 下の娘は、会場の雰囲気と、新郎の妹御のミディ丈のドレスに合わせ、お姉ちゃんが謝恩会で着たピンクのドレスを着ました。

wedding16_08.jpg
披露宴会場にて。花嫁のドレスはお色直し後のもの。


 意外と大変だったのが、親族の装いです。

 最初に婚家の母と義妹からも着ていくものについて打診があり、「洋館だし、洋装でいいと思う」と伝えたら、ホッとした様子で、「じゃあ洋装」ということになりました。

 そのあと実家の母と妹と話し、わたしはてっきり二人とも洋装だとばかり思っていたら、どういう風の吹き回しか、「レンタルを利用してラクに着物が着られるのなら、着物にする」と言うのでビックリ。「わが一族きっての着物通」と評価されているのか、「おねえちゃん、手配よろしく」の一言で、手配を一任されました。

 ところが、わたしの実家の母と妹が留袖を着ると知った途端、婚家の母と妹までが「じゃあこっちも留袖で」という話に

 でもどうも無理をしている気がしたのに加え、花嫁の親族がみんなで示し合わせたかのようにゾロッと留袖で大集合というのも、何かを主張しているみたいでけっこうリスキーな予感がしたので、夫に頼んで、「洋装でいいよ」ともう一度伝えてもらいました。

 結果的に、新郎側の親族はみなさん洋装だったので、婚家が洋装にしてくれて助かりました。


wedding16_06.jpg
左から、わたし、父、母、妹。

wedding16_20.jpg wedding16_25.jpg
上は母の留袖と妹の色留袖の柄のアップ。

 母は小柄で、本当はSサイズなのですが、総刺繍の豪華さが気に入り、Mサイズのこれにしました。お店に電話で尋ねたら、柄が上までないので大丈夫でしょう、とのことだったので。裄はさすがに長めでしたが、それ以外は特に問題ありませんでした。よく似合っていたと思います。

 妹のリクエストは「暖色系の色留袖」のみ。ところがこの条件を満たすのが大変だった!! 春らしい色の色留袖は、「これいいな」と思うと、ことごとく4月の貸し出しが決まっていて借りられなかったのです。もう少し早く探すべきでした。3月下旬では遅すぎました。最終的には楽天のお気に入りに、「日程的に借りられ」「サイズ・年齢が合う」「暖色系の色留袖」ばかりピックアップして登録し、妹にわたしの楽天IDを教えてその中から自分で選んでもらいました。



 結婚式って面白いなあ、と思ったのは、わたしの結婚式のときは、「新郎側」だった婚家の両親や妹が、今回は一緒にこちら側に座っていること。当たり前のことではあるのですが、なんとなく不思議で、感慨深いものがありました。

 今回は新郎側・新婦側に分かれて座ったあちらのご両親とわたしたちだって、将来、孫の結婚式に出るときは、一緒に同じ側に座るわけです。身内になるってそういうことなんだなあ、と思いました。結婚って不思議ですね。


 何はともあれ、和やかで楽しい式でした。本当に楽しかった!

 披露宴でのケーキ入刀は結婚した二人が最初にする共同作業、なんて言いますが、結婚式自体が共同作業。結婚式って、うまく行けば絆が深まる反面、後にしこりを残す例もけっこう聞くので、万事が良い感じに運んで良かったです^^。

wedding16_15.jpg
ケーキカット。このケーキ、あとで配られましたが、ものすごく美味しかったです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ