FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜人形の家 後藤由香子展

 着物友だちに誘われて、横浜人形の家に行ってきました。お目当ては 『後藤由香子展 ~時空を超えた愛の贈り物~』。4月8日まで 雛人形作家・後藤由香子の追悼特別企画展をやっているのです。

 この方、わたしは初めて知ったのですが、一緒に行った友人の知り合いだそうで、その独特の美の世界にハマってしまいました! なんていうんだろう・・・。なんかもう、圧倒されてしまった。作品にも、その背後にあるものにも。

 昨年9月、49歳にして亡くなられたそうです。作品見ているだけで、なんだかその短い人生の充実ぶりが伝わってくる。そんな展示でした。

 わたしがくどくど説明するより、写真で見ていただくほうが早い。写真撮影可能だったのでたくさん撮ってきました。このブログには大きな写真は貼れませんが、クリックすると少し大きくなるので、そちらもどうぞ。作品には一つ一つ名前があるのですが、忘れてしまいました。

源氏物語
光源氏と紫の上。わたしが一番気に入った作品。

春爛漫の立ち雛

ベージュ

春

夏

秋

冬

ゲームキャラ
ゲーム会社とのコラボで、あるゲームキャラの雛人形だそうです。

2018Img_5770.jpg
人形のアップ。


2018Img_5774.jpg
カネボウのコマーシャルに使われたゴスロリ雛。三人官女つき。

2018Img_5756.jpg

2018Img_5757.jpg
衣装の刺繍。

2018Img_5766.jpg
ステンドグラスを使った大作。

天女・遊女?
お姫さまアップ。しどけなさが、お姫様というより遊女っぽい。
友だちは「遊女じゃなくて天女でしょ」と言うんですが・・・。

五月人形

馬
五月人形も少しありました。

2018Img_5795.jpg
「織部」という名前の織部焼をイメージしたお雛様。黒を使うことに周囲の反対を浴びたそう。

 友だちによれば、雛人形って、数十人の職人が、顔作り、衣装づくり、髪作りなど、細分化された工程をそれぞれに作る共同作業なのだそうです。後藤さんが多くの職人にそれぞれの工程を発注し、やっと一つの作品が完成するのだそうです。

2018Img_5751.jpg
衣装の生地見本。

 デザインのスケッチなども展示してあって、その気の遠くなるような作業や工程を考えたら、なんだかめまいがしちゃった。そういう根気やバイタリティって一体どうしたら生まれるんだろう?

2018Img_5767.jpg
2018Img_5758.jpg

 あと、この方はすごくきれいな方で、ご自分をモデルにした幻想的な写真もたくさん。ご主人はプロのカメラマンなのだそうで、下の写真がご夫婦なのだそう。

 わたしと5つくらいしか変わらないんですよー。年齢。やっぱり佳人薄命なのかなあ・・・。



 この方は雛人形作家の家に生まれた人形作家の3代目だそうですが、斬新な現代の好みを取り入れた作品を作るので、けっこう軋轢もあるのだそう。

 紹介ビデオの中では、「伝統って触っちゃいけないものだと思っている方が多いですけれど、その時代の人々が求めるものを作ることで、変わっていくものだと思うんです」というようなことをおっしゃっていました。本当にそうだと思いました。




【本日の装い】
2018Img_5731.jpg
羽織:お気に入りのピンク(正絹)
着物:きもの英のポリ小紋
帯:引き箔の名古屋帯
帯締め:三分紐二本使い
帯留め:自作(クランプ風ワイヤー細工
帯揚げ:綸子と絞り

 あー、なんかこんなきれいな写真をたくさんアップしたあとに自分の着姿とか、テンション下がるわー。

 ちなみに今回もバッグはレスポートサック。せっかく買ったので使いたい。

2018Img_0526.jpg

2018Img_0373.jpg
洋服だと、こんな感じにコーディネートしています。若草色が似合うパステルカラーのバッグです。


 一眼レフが入るバッグをわざわざ選んで買ったのに、今日は小雨が降っていたので、一眼レフを持っていかなかったのが悔やまれる。「なんで今日に限ってカメラ持ってこないのよー」と友だちには呆れられてしまった^^; 上の写真はiPhoneで撮りました。

 しかし一眼レフを持っていかなかったおかげで、バッグがガラガラ。暑くて脱いだ羽織をバッグに入れられたのは便利でした。


 ちなみに友だち:
2018Img_5740.jpg

2018Img_5741.jpg
雨だったので着物も帯もポリポリコンビ。
リバーシブルの半幅帯の結び方がオシャレだなあ。
アドリブ結びだそうです。カッコイイー。
わたしもリバーシブルの長めの半幅が欲しくなりました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。