花田苑の花嫁衣裳

 次女が結婚しました。長女のときと同様、入籍と同居開始と式とハネムーンの時期が全部バラバラ。入籍は1月、同居開始は2月、結婚式・披露宴は6月で、ハネムーンは7月の模様です。

 そして4月の今日は、写真の前撮りに行ってきました。結婚式ではウェディングドレスとカラードレスしか着ないので、今日は色打ち掛けを着ました。新居を埼玉に構えた関係で、場所は越谷の花田苑です。

 三年前の長女の前撮りのときはちょうど秋の紅葉の真っ盛りで、しっとりとした写真が撮れましたが、今回は新緑が美しく、色鮮やかな写真が撮れました。

2018Img_9147.jpg ほとりに寄り添う 番傘と

2018Img_9084.jpg 2018Img_9487.jpg ハートロープ かめはめ波
番傘やロープ、くす玉、センスなど小道具を使って。

番傘ではっちゃけ
ポーズが楽しいと、緊張がほぐれて自然といつもの笑顔に。

スタッフさんたち カメラマンさん
今回お世話になったのは華雅苑(かがえん)というスタジオです。写真データをくれること、同行者にも写真を撮らせてくれることなどを条件に若夫婦が選びました。


【本日の装い】
2018Img_6233.jpg
着物:泥大島
帯:ざっくりした織の八寸名古屋
帯締め:サーモンピンクの三分紐
帯留め:自作(天然石の千鳥
帯揚げ:茜色の鹿の子絞り
半衿:ゆめ吉さんのうさぎの半衿(廃番)

 羽織なしでちょうど良い陽気でした。むしろ暑いくらい。日傘と日焼け止めを持っていって正解でした。

 帯揚げは半衿用に切った端切れ。したがって幅が狭く、長さも短い。でもこれくらいあれば充分。却って扱いやすかったです。

 帯留めは三羽いるのですが、帯の前柄を邪魔したくなかったので一番主張しない一羽だけ。

2018Img_1709.jpg

 相変わらずレスポートサックにハマっています。どうです? この帯とのピッタリ感。娘に「帯に合わせて新しいバッグを買ったの?」と言われましたが、答えは「いいえ」。「新しいバッグに合わせて帯を選んだ」が正解。

 そんなにたくさん帯を持っているわけでもないのに(名古屋と袋帯を合わせて10本くらい)、バッグに合う帯を探すと必ず見つかる。我ながらすごいと思う。好みがはっきりしているので、色やテイストが自然と合ってしまうのです。

2018Img_9607.jpg
洋服なら、こんな風に合わせます。
すごく気に入っている組み合わせ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ