スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての着付け

 たんすの中に、 着物はあるのに、長襦袢がない。
 もしくは、長襦袢がないのに、着物だけがある。


 一念発起して「着物を着よう!」と思い立った晩、わたしが直面したのは、そんな現実でした。

 浴衣じゃあるまいし、長襦袢なしに着物は着られない―――ということも知らず、着物だけ実家から持って来ちゃったらしい。いかにわたしが着物に対して無知だったかを端的に物語ってますね^^;。

 でもとにかくそのときは「今すぐ」着物が着てみたかったので、振袖用の長襦袢で代用し、とりあえず着ました。



 なかったのは長襦袢に限りませんでした。それまで全然着物に興味もなければ知識もない人が突然思い立ったものだから、まさに「あれもない、これもない」状態。

 しかもねえ、わたしって段取りが悪いの。料理するときもそう。初めて作る料理ですら、レシピをろくに読みもせず、いきなり作り始めてしまうものだから、途中で「あれがない、これがない」ってパニックする羽目になります。時には途中で「一晩置く」なんて記述に出くわし、憤慨することも。「なによ、これ! 今日食べられないじゃん!!」・・・って、自業自得なんですけどね(笑)。

 初めての着付けもそうでした。着物を着るぞ!と思い立った瞬間まず最初にわたしがしたことといえば、裸になることで(笑)、それからパソコンの画面見ては、タンスから似た形のものをひとつひとつ引っ張り出していったものだから、もう風邪ひきそう~! 下着姿のまま、「あれがない、これがない」とかやってたわけです^^;。



 もうストラテジーも何もない、行き当たりバッタリ。あるのは勢いだけ、みたいな(笑)。でもこういうの、今考えると悪くなかったかな?って思います。まあ、風邪をひくリスクを考えると、人にオススメはしませんけど^^;。


 まずひとつ、今あるものだけ使って「コストゼロ」で始められたのはよかったと思っています。お金をかけるときって、不退転の決意が必要じゃないですか。大枚はたいてしまったら、あとで気が変わって気軽に「やーめた」ってわけにもいかないから。

 でもそんな決意が必要だったとしたら、わたしみたいに軟弱なヤツは、今頃まだ着物を着る決心がつかずにグズグズしてたと思うんですよね。「とりあえず一度着てみよう」くらいの軽いノリだったから、始めることができた。

 そりゃあね、ないものがいろいろあって、それはそれはすごい状態でしたよ。着物は小紋なのに、長襦袢は振袖用だし、帯は浴衣用だし(笑)。肌襦袢も見当たらなかったから、ババシャツで代用^^;。

 それでもよくしたもので、こんな装備でも、「着物を身にまとう」くらいのことはできる。「着物が一人で着られた!」という達成感も充分でした。



 また、スタートラインが低かった分、その後の状況の改善や進歩がよく目に見えた、というのもあります。最初の状態があまりにすごすぎたから、初心者なりにも「なんかお手本と違うぞ」ってことに自分で気づけた。「なにかヘンだぞ」な部分については、徐々にいろいろ調べたり、コストのかからないこと・緊急度が高いことから順に揃えたりして、解決していきました。

 あ、ちなみに長襦袢については、後日実家のたんすから無事発掘され、事なきを得ました^^。

 あとは、たとえばタオルの補正。最初補正ナシで着たらなんとなく帯の収まりが悪く、ズルズル落ちてくる感じ。そこでネットの情報を参考にしながら、古い帯揚げに古タオルをくるんで縫いつけ、補正用の帯を作りました。

 それから「衣紋抜き」。そんなのがあるんですねえ。なんで衣紋が抜けないのかと悩んでいたところ、そんなものがあるってことをネットで知り、つけてみたら、少しマシになりました。

 肌襦袢は最初、なくても問題なく着られたので、見つけたあとも、いらないかな、と思ったのですが、胸の部分にもタオルで補正を入れはじめたら、これが落ちてくるんだわ。そこで肌襦袢で押さえたら、これがいい感じ。「あ、やっぱり道具って、それぞれ意味があるんだ」って思いました。

 そういう日々目に見える進歩があると、現時点の完成度がどうあれ、人間て、いい気分でいられる^^。少しずつ買い足し、少しずつ手間をかけ・・・。おっかなびっくり、ちょびっとずつ進めるうちに、決意のほうもゆっくり固まってきた感じです。



 「やる」か「やらない」か。そういう迷いを一瞬で断ち切るって、すごく大きな勇気が必要。勇気が出ないときには、迷ったままでいいから、今できることをとりあえずやってみる。そういうのもアリなんだなと思いました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。