スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局ミシンで

 手縫いでかがったなごや帯、結局ミシンで縫い直しました。

 なんかミシンのほうが、ずっときれいにできたー。ピシッとなった。しかもアッと言う間。手縫いは3時間かかったけど、ミシンはほんの15分くらい。最初からミシンで縫えばよかった;;

Img_7702.jpg Img_7704.jpg

 前はとりあえずこんなものでいいかな? 黒い帯って、たいていの着物に合うし、帯揚げや帯締めの色が映えますね^^。帯揚げ、もうちょっとしまったほうがいいかもだけど、今日はきれいにできました^^。

 後ろは、うーん・・・、これでいいのかどうか・・・。わからないや。まだお太鼓の形がヘンな気がする。でもとりあえず、仕立ての悪さによるヘンなふちのヨレヨレはなくなりました^^。

 ホント、お太鼓って難しいですね。そもそも正解がわからない。こんな形でもいいのかどうか。

きものと帯の組み合わせ」という本にはナナメ後ろ姿の写真がたくさん掲載されていて、けっこう帯によってお太鼓の形が違うみたいなので、お太鼓の形の許容範囲ってけっこう広いのかな?って思ったりもするのですが。

 でも自分のはどうも、いつもヘンテコな気がする。どこがどう気に入らないのかはわからないんだけど・・・。



 でもこの帯、大好き! この優しい花模様に癒される~。こうして写真で見ても、すごくきれい~。

 最初ネットで「未仕立て」って読んだときには、「自分で帯仕立てるなんて、無理無理っ、諦めよう」と思ったのですが、諦めなくてよかった^^。案外簡単だったし。



 これからも、ひとつひとつ、簡単なことからできるようになっていこう。

 好き! 素敵!っていう気持ちを推進力に。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。