スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きもので梅見

 着物で梅を見に行ってきました。


Img_7974.jpg
行き先は大船フラワーセンター。植物園です。
まだ6分咲きでしたが、きれいでしたよー^^。

Img_7972.jpg
Img_7967.jpg
Img_7964.jpg

Img_7979.jpg
しだれ梅もありました。まだあんまり咲いてないけど。
着物、またしても短すぎ。写真で気付き、直しました。




Img_7854.jpg Img_8020.jpg
着ていったのは、昨日直した幾何学模様の黒い紬です。

 頑張ってお太鼓にしていきました。夫にちょっと直してもらいました。最近の夫、お太鼓の構造を完全に把握。どこをどうひっぱれば整うか、分かってきたみたい

 帯揚げ、ちょっと出すぎ 帯、帯揚げ、帯締め、帯留め、ちょっと同系色でまとめすぎたかな?

Img_8029.jpg
帯留めに加え、実は半襟も梅の模様入り^^。これも自作。綿生地を切って作りました。



 「着物や帯の柄を季節に合わせる」という一方で、「満開のときは、本物の花に譲って、その花の柄を着ない」とかいいますが、それってちょっとひねりすぎだと思う。

 通ならともかく、わたしは初心者なんだから、可愛らしく直球で、梅の時期は梅、桜の時期は桜を身につけて楽しもうと思います^^。



 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。