スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月の奇跡

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。


 元旦は毎年、双方の実家を訪れます。

 そして今年は初の着物姿。親戚も来る予定でしたが、直前になって予定が変更になり、身内だけ。ちょっと安心^^。着物で親戚に会うのはまだちょっと気が重かったので。




 昨日の着付けは、今までになく、衣紋がきれいに抜けました。感激!!

 しかも、そのまま12時間以上も全く着崩れませんでした。奇跡だ!!



 いつもより長襦袢に時間をかけ、丁寧に着たからかなあ?

 「長襦袢がうまく着られれば、着付けは80%成功したのも同じ」って言いますが、本当ですね^^。

 長襦袢はすごく大事。長襦袢の成否が全体の成功を決めるんだな、って実感しました。

2013.01.01.全身
 これが全身像です。道行コートがピンクっぽく写っていますが、実際はおちついた橙色です。



 帯は、カルタ結びにしました。「結ぶ」というより「折りたたむ」だけに近い結び方で、これが一番簡単^^。

 着ている間も一番これがラク。ペタンコだから、背もたれに寄りかかるとき、帯が邪魔にならない^^;。

2013.01.01.うしろ帯 2013.01.01.前帯

 帯締めは3つのオダマキつき^^。とっても気に入っています。カルタ結びは帯締めがなくても大丈夫ですが、帯締めがあると、より崩れにくい気がして、なんだか安心^^。



 防寒もバッチリ。「さあ、どうだ!」といわんばかりの完全重装備で、洋服の上にコート着ている娘たちが寒がっているのに、わたしはちっとも寒くなかった^^。

 リップルのズボン下+半そでババシャツ+肌襦袢+裾よけ+長襦袢+着物+羽織+道行コート。

 腕には娘から借りた、夏のスポーツ用の、日焼け止め用長手袋をはめて行きました^^。

 実はこの上に更にパシュミナストールを羽織る予定でしたが、忘れてしまった;;

 でもなくても寒くなかったです。



 着物の先輩である友達が、「いい反省材料になるから、写真撮っておくといいよ」ってアドバイスしてくれたので、たくさん写真を撮りました。

 そのうちもっと上手に着られるようになったら、この写真見て、「あの頃はひどかった」って思うかも?

 でも今のわたしから見た感じでは、全体的に、だいたい上手く行ってるんじゃないかな?って気がします(笑)。



 ただ、一つ予期していなかったことが。

 裾の静電気です。

 行き帰りに歩いているとき、静電気で下着や着物の裾がくっつきあい、フワフワ舞い上がってモッタリしてしまいました。



 冬に静電気はつきものとはいうものの、家に帰ってきて調べたところ、静電気というのは、衣類の組み合わせによっても起こりやすくなるようです。

 静電気に関する情報サイトによれば、

 衣類の繊維にはプラスを帯びやすいものとマイナスを帯びやすいものがあります。

 プラスに帯電しやすい素材とマイナスに帯電しやすい衣類を組み合わせると静電気が発生しやすくなるのです。


 とのこと。アクリルやポリエステルなどはマイナス、ウールや絹などはプラスに帯電しやすいそうです。

 昨日着ていたものは、着物と長襦袢は絹、裾よけはポリエステルだったので、それでかな? 次回着物で外出するときは、裾よけを綿のものに替えてみようと思います。




 嬉しかったのは、夫の実家に着物を着ていったら、義母が一枚着物をくれたこと。これはほんとに、とってもとっても嬉しかったです。着物を着る自分を受け入れてもらえたような気がして。

 夫には妹がいるので、わたしが貰っちゃっていいのかな?とも思いましたが、ありがたく頂戴してきました^^。



 単衣なので、夏になったら、またこの着物を着て訪ねようと思っています。




 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。