振袖を売ってみた

 たんす屋さんに査定をお願いしておいた古い振袖に、今日、値段がつきました。


 いくらだったと思う?? 当ててみて。


参考データ:

・ 素材は正絹の梨地、サイズは標準的、三越で30年ほど前に購入したものです。

・ 柄は手書きではなくプリント柄。一部に簡単な金糸の縫い取りがあります。

・ シミはなし。袖の下方や折り目が薄く汚れていますが、おそらく丸洗いで落ちます。

・ 長襦袢や小物など一切含まず、振袖のみです。


 色柄・雰囲気は以下の写真をご参照ください。

Img_8186.jpg
若かりし頃のわたしの写真。となりは妹。
ゴメン、こんな古い写真で。
写真を撮らずに査定に出しちゃったから、最近の写真がないの。



















正解:

 「現金なら1000円、たんす屋の商品券で受け取るなら2000円(半年有効)」でーした。



 この価格をどう見るかですが、わたしはけっこういい値段がついたのでは、と思っています。電話で査定金額を告げられ、売却することにすぐ同意しました。

 予め、値段によって、売るか売らないかを決めていたんです。「1000円以上だったら売る、1000円未満だったら引き取る」と。

 代金は商品券で受け取ることにしました。たんす屋の商品券なら、わたしにとってはほぼ現金同様。2000円で売ったも同然です。

 抵当として査定された場合、きものの価値は「100枚で2万円」程度だそうです(群ようこ「きものが欲しい!」参照)。つまり一枚200円^^;。

 振袖も30年前の色柄ともなると、ヤフオクで売っても3000円がせいぜい。出品にかける手間もバカにならないし、出品費用もちょこちょこかかる。それに柄行が今風ではないので、小物用の材料として落札されるのがオチです。

 なので商品券で2000円、そして、きものの形のまま店頭に並べてもらえる可能性があるなら、万々歳です。



 この振袖、わたしには似合いましたが、娘たちには似合わなそう。二人にはそれぞれ一枚ずつ似合いそうな色柄のが他にあります。これを買ってくれた母も「売れるものなら売ってしまいなさいよ」と言っていました。

 「還暦のお祝いに、二十歳のときの振袖をもう一度着る」っていうイベントが最近流行っているようで、それもちらっと考えましたが、また10年タンスの肥やしっていうのもイヤだし、還暦のときには、そのとき一番似合うものが着たい。

 若い頃に3回くらい着て、写真もある。思い切って売ってよかったと思っています。



 わたしの振袖、どんな人が買うのかな? 日本趣味の外人さんの手に渡り、海の向こうに貰われてったらいいな。

 ・・・なんて、勝手な想像を膨らませています^^。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ