きもので花見

 きもので桜を見に行ってきました。

Img_8700.jpg

 先日、梅を見に行ったときはタイトルを「着物で梅見」にしましたが、今回は「着物で花見」。「梅見」とは言うけれど、「桜見」とは言わない。ただ「花見」と言うだけで、桜の花見を意味してしまうのだから、いかに日本人にとって桜が特別であるか、ってことですね。

Img_8696.jpg

 全体としてはまだ4分咲きくらいでしたが、ほとんど満開の木もありました。隣り合わせに並んでいても、せっかちな木もあれば、のんびり屋さんもいる。木も人間と同じですねえ。

Img_8705.jpg

Img_8680.jpg

 今日は風が強くて、きものの裾やら袖がハタハタ・・・。でも気温は高く、羽織を着ていったら暑かった。でも脱がない。だってこの羽織、と~っても気に入ってるんだもん。それに色が、お花見にぴったりでしょ^^。

Img_8693.jpg

Img_8755.jpg
羽織の袖が膨らんでいる~。風のせい?


 今日の「きものでおでかけ」は、家から徒歩3分。桜ってどこにでもあるから、贅沢言わなければ、遠くに出かけなくても見られていいですね^^。

 何か特別なイベントがなくても、こんなふうに気軽にきものを着られたら、と思っています。




 長くなりそうなので、本日はここまで。着付けの反省は、また明日。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ