FC2ブログ

半幅帯と名古屋帯

 半巾帯(細帯)から始めた着付け練習ですが、最近名古屋帯を中心に練習しています。

 半幅帯、大好きなんですけどね。お太鼓と角出しくらいしか結び方のバリエーションがない名古屋帯に比べると、半巾帯結びは自由で楽しい^^。なのになぜわざわざ名古屋帯を練習するかというと、半巾帯は軽くてラクな反面、ボリュームが足りないからです。

 いろいろな結び方を試してみてはいるのですが、どんな結び方にせよ、帯幅が狭い半巾帯はこじんまりとしてしまいがち。賑やかな柄の小紋にあわせると役不足な感じがして、ちょっと着物が可哀相に思えるのです。


 そんなわけで名古屋帯も締められるよう練習を始めたわけです。

 またそれと平行して、半幅帯とつりあいの取れる着物を探しています。もっとカジュアルな絣や紬、もしくは小紋でももっと柄が細かかったらつりあいがとれるかも。義母に貰った着物は半幅帯でもバランスが良い気がします。

 あと、半巾帯でも、長さが長かったら、もう少しボリュームが出せるのではないかしら??

 ・・・いずれにせよ、半巾帯を諦めるつもりはないので、そっち方向でも模索しています。



 しかし、「この帯にこの着物は合う」とか「合わない」とか、そういうことがなんとなく感覚で感じられるようになったんだから、わたしも進歩したなあ^^(笑)

 以前はそういうの、ただの「決まりごと」だと思っていたんです。「袋帯は振袖・留袖・訪問着」、「名古屋は小紋」、「細帯は絣・紬」みたいな。知識として覚えるべき事柄だと思っていた。

 でもだんだん、違うのかな、って。同じタイプの帯でも、生地やデザインによってボリュームや豪華さは違うし、そしたら合う着物もおのずと変わってくる。「小紋には名古屋」みたいなのはおおよその目安でしかなくて、実際にはケースバイケース、個人個人、その時々の判断でいいんじゃないか、って。




 ところで話は変わりますが、帯といえば、昨日友達からこんなことを聞きました。最近の展示会って、袋帯ばっかりなんですって。名古屋帯はほとんど置いてないんだそうです。

 そういえば、ネットでも読んだことあります。ヤフーの知恵袋で「着付けの先生に「名古屋帯なんてこれから流行らないから、練習は不要なくらい」ということを言われました。」という質問。

 名古屋帯って、衰退していく運命にあるってこと??

 ・・・いやいや、それっていうのは、一般に名古屋帯より袋帯のほうが豪華で高価だから、高価な取引をしたい店は袋帯に絞って売る、ということなのかな、とわたしは思ったのですが、どうなのでしょう?

 決して名古屋帯が不要、ってことではないと思うんですよね。だって名古屋がなかったら、袋帯ではボリュームがありすぎ、さりとて半巾ではボリュームなさすぎ、っていうとき、一体どうすればいいの? むしろ一番用途が広いのが名古屋帯だという気がしているからこそ、いま一生懸命、お太鼓結びを練習しているんですけど~!



 ・・・と思っていたら、ちょうど折りよく、わたしの敬愛する「きものカンタービレ♪」の最近の記事に、こんなことが書かれていました。

今は、きものを着る=よそいき なので、なごや帯よりも袋帯のほうが売れるのだそうです




 そうかー! ここでいう「よそいき」っていうのは、単なるお出かけ程度ではなく、特別な場、くらいの意味ですよね、きっと。最近は、結婚式とか披露宴とか、そういう特別な場でしか着物を着ない人が大半だから、名古屋帯は売れないんだー!

 ・・・って、そういう特別な場自体も減っているから、そうそう袋帯だって売れる気はしないんですが。結婚式は地味婚が増えてるし、そもそも結婚する人自体が減っていますしね。



 とまれ、わたしの場合はまず気軽なところで着物を楽しみたいので、袋帯はまだまだ先。袋帯も豪華で素敵ですが、とりあえず今は、名古屋帯が結べるようになりたいです。




Img_6621.jpg
毎日地味~に練習してます。
これは半巾帯の「風船太鼓」。
後ろに回すとき、曲がってしまった~!
おはしょりの処理もダメダメ><
それよりわたし、いつも左肩が上がっているかも・・・。
髪もクシャクシャ。
写真を撮ると、いろんなことが分かりますね。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

帯を傷めない半巾・角出し改良版

 昨日浅草に結んでいった角出し、実はわたしのオリジナルです。

 半巾帯の角出しって、いろんな結び方があるみたい。本やサイトによって、かなり結び方が違う。でも割とどれも帯を傷めそう。それがイヤで、もうすこし帯に優しい方法はないかと思って試行錯誤しているうちに出来上がったのが、この方法です(・・・っていっても、程度問題ですが^^;)。


 この結び方の特徴は、

1.あまり帯をいじめない

2.崩れにくい

3.帯裏も見せられる

です。



Img_6220.jpg ← 真後ろから見たところ

Img_6218.jpg ← ナナメ後方から見たところ 


 まだ初心者なので、両羽根の二つ山がうまくできてないけど^^;。でも上手な人が結べば、もっときれいにできる有望な結び方だと思います(笑)。



 結び方は以下の通り:(帯の長さは360センチくらいが適当です)


1.手先は70センチくらいとり、タテ半分に折る。

2.たれの付け根を体の前中心にあわせ、時計回りに帯を二回巻く。

3.たれが二度目に体の前方左側にきたら、タテ半分に折り上げる。

4.手先をたれの上にかぶせ、一回結ぶ。(手先は左上、たれは右下に出る)

5.たれをひらいて体の左側にたおし、結び目から15センチくらいのところで帯裏が出るように折り返し、山二つになるよう付け根を縮める。(羽根を片側だけ作る)

6.たれの付け根に手先をかぶせ、片結びになるように結ぶ。

7.右側に出てきた手先の根元を山二つになるように整え帯裏が見えるように二つに折って、端を結び目に入れ込む。(羽根のもう片方)

8.右下に出ているたれを開き、帯表が見えるように結び目の上に下から上へとかぶせる。

9.たれを伊達締めと帯の間に上から下へくぐらせる。

10.たれを帯の下から出し、もう一度同じところをくぐらせ、たれ先(裏)を帯の下から少しのぞかせる

11.お太鼓の部分をふっくらさせ、左右のリボンを同じ大きさに整えて、出来上がり。


 5と7の折り方を変えると、リボン部分も帯表にすることができます。


 ・・・なんて、画像もなしにこんなふうにズラズラ書いても、きっと人には分からないだろうなー。自分のための覚書です^^;。





 ※ 突然ですが、いつも拍手、ありがとうございます。大変励みになっています。

 拍手コメントも、非公開ですが、拝見しております。温かいお言葉、どうもありがとうございます!

 頑張りまーす!

 


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ