FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菱屋カレンブロッソに行ってきた

 草履大作戦その1:六本木の東京ミッドタウン内にある菱屋カレンブロッソで、「カフェ草履」を試着(試履?)してきました。

 予め、草履に求める条件を整理して、紙に書いていきました。

1.履き心地が良いこと
 1-1.合うサイズがある
 1-2.軽くてラク

2.TPOが広いこと
 2-1.全天候型(雨風に強い)
 2-2.TPOが広い(散歩・旅行・美術鑑賞)
 2-3.季節を問わない(真夏にも履ける)
 2-4.着物の色柄を選ばない

3.耐久性があること
 3-1.壊れない
 3-2.古びない



 一つ一つの項目について、試着して確かめたり、店員さん(店長さんかも?)にお話を伺いました。


1.履き心地が良いこと

 1-1.合うサイズがある

Img_112210.jpg
「Lサイズ、鼻緒のすげ加減:普通」が合いました。

 かかとが出ている状態に慣れていないので違和感は感じますが、鼻緒が足をしっかり捕まえてくれているので、安定感があります。

 1-2.軽くてラク

 見た目は重そうに見えましたが、持ってみたら軽かった。履いていても軽く、弾力があり、床の固さを感じない。


2.TPOが広いこと

 2-1.全天候型(雨風に強い)
 裏にゴムが張ってあるので、雨の日でも履けるとのこと。その代わり、鼻緒の挿げ替えができないそう。

 2-2.TPOが広い(散歩・旅行・美術鑑賞)
 紬・小紋で行くようなところならどこでも合う、とのこと。色と鼻緒の選び方によっては、訪問着にも可能だそう。

 2-3.季節を問わない(真夏にも履ける)
 夏に黒い草履というのも粋だけれど、白っぽい鼻緒にすると、ますます夏にも向くそう。

 2-4.着物の色柄を選ばない
 履いたとき目立つのは鼻緒の色なので、鼻緒を白やベージュにすると、どんな着物にも合わせやすいそう。


3.耐久性があること

 3-1.壊れない
 単刀直入に「月2回履いて5年持ちますか」と尋ねたら、「たいてい大丈夫だと思います」とのこと。ご自身の経験では、週に2、3日の頻度で履いて、1年半から2年持つそう。2万円で購入したとして、100回履けば、一回あたりのコストは200円、200回履けば一回100円。悪くないですね。

 台は多少削れても目立たず、底のゴムも、もともとかかとがナナメにカットされているので、減りが気にならない。鼻緒の縄も、昔より丈夫な素材(麻とナイロンの混紡)なので、まず切れることはないそう。

 3-2.古びない
 「一番最初に寿命がくるのはどこの部分ですか」と尋ねてみたところ、やはり足に直接あたる柔らかい部分(先つぼ・本天)だそうです。ここが擦れたり汚れたりするのが一番早く、濃い色だと汚れは目立ちにくい。薄いグレーや鈍いピンク色など曖昧な色も、意外と汚れが目立たないそう。

 足の裏があたる天と呼ばれる部分は、牛革の場合、固く絞った布で拭けばだいたいきれいになるそうですが、長年履いていると、やはり体重のかかる部分が黒ずんでくるので、気になるならば、ここを黒や茶など、濃い色にすると良いそう。



 結論:色の選び方によっては、全ての項目をクリアする草履が作れそうです。

 サイズさえ確かめられれば、あとはネットでも買えるのが便利。「ネットと店舗で買うのと、違いはありますか」と尋ねたところ、「ネットは13000円以上は送料無料、実店舗だと宅配料がかかります」とのこと。ただし、実店舗には、ネットで扱っていない特殊な鼻緒も取り揃えているとのことです。豪華な刺繍入りの鼻緒などを見せていただきました。

 わたしのニーズを満たす色の取り合わせ:
   鼻緒: 淡い色にすると、足袋と同化して上品、夏にも使いやすい
  天生地: 黒や茶など、濃い色にすると、汚れが目立たない
   本天: グレーや渋いピンクなど曖昧な色は上品、しかも汚れが目立たない
   先坪: グレーや渋いピンクなど曖昧な色は上品、しかも汚れが目立たない
    底: 天に色を合わせる

 「2足買うとしたら、どういう組み合わせが良いでしょうか」とお尋ねすると、「淡い色は上品、濃い色は粋になるので、一足は濃い色+鼻緒だけ白でカジュアルに、もう一足は淡い色でまとめると、TPOが網羅しやすくなります」とのことでした。「淡い色は上品、濃い色は粋」、この法則、よく覚えておこう。


 前々から気になっていた「花緒サンダル」と「カフェぞうり」の違い:
    カフェ草履:鼻緒と天に牛革を使ったもの
    花緒サンダル:鼻緒と天に牛革以外の素材を使ったもの

 だそうです。カフェ草履と形は同じでも、天に牛革を使っていないものは、「花緒サンダル」と呼ぶらしいです。
     

 最後に、「訪問着に、こうしたカジュアルな台の草履を合わせても大丈夫なのでしょうか」とお尋ねしたときの答えが良かったので、書いておきます。

 「着物のときって、誰かから『その草履と着物の組合わせはちょっと・・・』などと言われるのが怖いですよね。でもそれは、人からそういわれると、自分自身、間違えてしまったかと不安になるからであって、どういうのが本当は正しいと知った上で、あえて『この草履のほうがラクだから』と意識的に選んで履くのであれば、人にも自分にも説明がつくので、平静でいられると思いますよ」とのことでした。

 このお答えには心底感動してしまった! 図らずも、みわはさんが書いてらしたことと同じ! 自分自身が納得していれば、人の目は怖くない、ってことですよね。



 ぶしつけな質問にも丁寧にお付き合いくださったお店の方(店長さんかも)、とても親切で気持ちの良い方でした。ほんとに、ものすごーく感じがよかった!! 全ての質問に的確に答えてくださり、何も分からなかったところから、一気に霧が晴れたよう。こういうお店なら、安心して買える、と思いました。

 なにより、雰囲気に余裕があって、「この客を逃したら後がない」みたいな必死さが全くないのがよかったです。大人気のブランドだものね。放っておいてもどんどん売れる。だから無理に売り込まない。無理に売らないから余計売れるのでしょう。

 「草履大作戦その1」と冒頭に書きましたが、今の気分だと、「その2」「その3」とかはナシで、もうカレンブロッソに決めちゃっていいかも、って感じ。この一年間、ずっと憧れてたブランドだし。


 でも、タイツを履かないでもう一度試履してみたい。また、色をどうするかという問題もあります。かなりの有力候補ですが、安いものではないので、決定はじっくり慎重にしようと思います。




 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

草履が欲しい

 みわはさんのブログに激ハマり中~。膨大な過去記事をすべて一通り拝見し、今はご主人のブログを拝見中~(ストーカー^^;)。

 みわはさんのどこが好きって、とにかく色あわせのセンスです。どこかに色をピッと効かせるところが好き。この方のブログを見ていると、ああこんなに着物ってきれいなんだ、って思います。

 特に帯揚げ・帯締め・帯留めの色。「ああ面倒!」って思いながら、いつもイヤイヤ帯にねじ込んでいる帯揚げが偉大な発明に思えてくる。帯の上に色を持ってくることを考えた昔の人、ナイス!


 色使い以外のところでもいろいろ参考にさせていただいています。最近感じ入ったのは「人目を気にせず着物をきられるようになる方法」。これは、まさしくわたしが知りたかったことで、わが意を得たりと思って読みました。



「人目が気になる」ということは「自信のない部分を見られるのが恥ずかしい」のだと思うので、自信のない部分を改善すれば、人目も気にならなくなるのではないかと思ったのです。・*☆


という一文には、本当にそうだな、と思いました。

 そしてその具体例も書かれているのが嬉しい。

私の着物は、アンティーク着物かリサイクル着物ばかりで、お値段も安いものばかりですが、下駄だけは質のいいものを履いています。

人を見るときは足元からというだけあって、着物にいろいろ言う方ほど足元を見るそうです。リサイクル着物を着ていても、いい下駄を履いているだけで、気持ちに余裕が持てると思います☆


これにはなるほど~、と思いました。


 実はわたし、洋服には本当にお金をかけないのですが、唯一、靴に関しては、比較的サイフのヒモがゆるいです。まあそれは単に、少ない予算ではなかなか足に合うものが見つからず、合わない靴を無理して履くと健康を害するから、という健康上の理由からで、オシャレの観点からではありませんが、和装においても、まず足元を安定させると、身体的にも精神的にももう少し余裕が生まれるのでは、と思いました。


 ・・・というわけで、今、草履を探しています。見た目がオシャレで履きやすく、着物の色柄を選ばない、オールマイティな普段着物用の草履を、とりあえず一足買おうかな、と。


 着物のことは何も分からず、一から始め、ワタワタバタバタ・てんやわんやの一年もあと1ヶ月。その締めくくりとして、最後に、草履だけは一足、いいものを買おうと思います。

 ただ草履もまだ、その「いいもの」っていうのが具体的にどんなものなのか、何がいいのか、自分に何が合うのか皆目見当がつかない。実はまだ、草履屋さんというものには怖くて、足を踏み入れたことすらない。一体どれくらいの値段が相場かも分からないし、試し履きをさせてもらおうものなら、買わずに店を出られない気がして怖い。

 そんな状態ではたして草履が買えるのか疑問ですが、またワタワタバタバタしながら、年内に見つけたいと思います。

 どうか、お正月には新しい草履が履けますようにo(^-^)o






テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

かわいい足袋っくす

 写真は、先週、娘が大学祭でもらってきた足袋ソックスです。

Img_119033.jpg
カワイイーー! 鼻緒が模様になってるー!



 着物サークル(そんなのがあるんだ!)が、無料着物体験というのをやっていて、無料で着物一式貸してくれて着付けてくれて、その上、そのとき履いた足袋ソックスをお土産にくれたのですと。

 着物と帯は、けっこう枚数ある中から好きなのを選べて、着付けてもらったあとは、1時間くらい自由にキャンパス内を散策させてもらえたのですと。楽しかったと言って、大喜びで帰ってきました。

 男性用の着物もあったそうで、わざわざ目指して行かないと分からないようなキャンパスの隅っこでやっていたのに、順番待ちがあるほど人気だったそうです。



 「わたしも普通ならそんなのがあるって気付かないんだろうけど、最近ママが着物にハマっているから、わたしも『着物』というキーワードに敏感になってて、それでパンフ見てピーンと来て、探して行ってみた」と娘がいうので、わたしも嬉しくなりました。

 わたしは別に、日本の伝統文化を娘たちに伝えようとか、そんな大それた気概を持って着物を着ているわけじゃありませんが、でも、自分が関心を持ったことがきっかけで、娘たちの興味が広がるなら、着物だろうがスペイン語だろうが、そりゃあ悪い気はしません。

 それに、もっとたくさんの人が着物を着るようになって、着物を着ることがそんなに特別な目で見られなくなったら嬉しい。特に、若くてかわいい人たちの普段着物姿が街にあふれたら、見るだけだって楽しいですよねえ。そんなサークルがあるんなら、わたしも来年は、若い人たちの普段着物姿をウォッチしに、早稲田祭に行こうじゃないか。


 忘れないように、ここに書いておこう。


 ・・・あ、それより、来年の着物手帳に書き込んでおこう。そしたら忘れないから。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

足袋と草履

 着物を着たいなあと頭の片隅でボンヤリ考え始めた頃のこと。成人式を迎える娘のために自分の草履を出してみて、ゾッ・・・としました。

 かつてそれを履いたときの足の痛みを思い出したんです。

 そうだ、そういえばわたし、和装はダメなんだった。草履とか下駄とか履くと、鼻緒の当たる部分がスレて、痛くて歩けないんだった、と思い出した瞬間でした。



 娘にもその草履は履けませんでした。「無理っ! こんなの小さくて履けるわけがない」とあえなく却下。わたしより小さい足のはずなんですけど^^;。

 サイズを測ってみると、全長23.5センチ。24.0~24.5くらいの足の娘には確かに小さい。もともと長さが足りない上に、鼻緒の位置の関係で前のほうが余っているから、後ろはますます足りない。一センチ以上もかかとが出てしまっていました。

 でも、24.5~25.0くらいの足のわたしは確かにそれを履いた。無理やり履いた。だってそれしかなかったんだもん。「探しに探したけれど、これより大きなサイズの草履なんて、どこにも売ってなかった」と母が言うので。

 たぶん母が言うとおり、30年前は、このサイズしか売っていなかったのでしょう。だって今、ヤフオクで似たような中古草履が山ほど出ているけれど、みんなハンで押したように、このサイズだもの。かつては足の大きい人も小さい人も、草履とはそういうものだと思って、ガマンして履いたのでしょう。

 そしてみんな、一度で和装に懲りた。二十歳の成人式は、足の痛さから、和装を諦める儀式なのかもしれませんね。かくして写真撮影用のコスプレアイテムとして、振袖だけが生き残ることになりましたとさ、ちゃんちゃん。写真撮影だけなら、歩かなくても済みますからね。

 わたしも二度とそんなものを履いて歩く気にはならなくて、大学の卒業式に袴を着た際には、ハイカラさん風に、ブーツを履きました。



 とはいえ、自分と同じ思いをさせたくなかったので、娘用には大きめの草履を探しました。ありがたいことに最近の草履は、昔よりも若干大きめに出来ているようです。日本人の足サイズが平均的に昔より大きくなっているからかな? 靴ほど細かいサイズ展開ではありませんが、サイズが選べる場合もあるようです。

 今でも「草履から1~2センチかかとが出ていたほうが、却って粋です」とか、「バカでかい草履を、人さまの玄関先に脱ぐほど無粋なことはない」と言うお店もあります(すいませんねえ、無粋なデカ足で)が、それって、草履屋の論理じゃないのかな、と思います。お店は一サイズだけ作って売ったほうがラクだもの。

 確かに、鼻緒を調節すれば融通が効くのかもしれませんが、多少ならともかく、その範囲にはおのずと限界があるのでは・・・。かかとが草履から一センチ以上も出ていたら、かかとで体重を支えられないから疲れるし、安定しない分、鼻緒によけい負担がかかる。粋だろうがナンだろうが、小さすぎる草履を履くのは二度とゴメンです。



 結局、娘には、もう5ミリほど大きな長さ24.0センチの草履を買い直しました。大きさだけでなく、なるべく履きやすさにこだわって選びました。鼻緒が二重になっている草履です。こういうの、「二石鼻緒」っていうんだそうで、足にかかる力が分散されるので、足が痛くなりにくいのだそうです。直接足にあたる鼻緒の裏も、柔らかい素材でできています。

 自分でも履いてみましたが、30年前の草履とは比較にならないくらい、履きやすい! わたしにはこれでもまだ小さめですが、この程度ならまあ許容範囲内。お正月に早速、わたしのほうが先に使わせてもらっちゃいました^^。



 それから足袋。足袋もやはり、親指と人差し指の分かれているあたりが硬くて、すぐ足が痛くなりました。しかもサイズは24.0。これを履くときは、足の指が曲がったままの纏足状態。きっとこれも30年前は、既製品として手に入る最大の大きさだったのでしょう。

 でも幸い今は、24.5センチくらいならば、普通に売られています。

 更に、伸縮性のある「ストレッチ足袋」というのを発見! これはもう、やわらかくて本当にラク~! まさに普通の靴下感覚! お正月に丸一日、12時間以上はいていましたが、全く足は痛くなりませんでした。



 やはり社会って進歩するんですねえ。こういう時代に出会えてよかった。もし草履や足袋が昔のままだったら、わたしは一生、着物が着られずに終わっていたでしょうから。



テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。