門前仲町 お江戸深川さくらまつり

 ちょっとアップが遅くなってしまいましたが、3月25日、門前仲町で舟遊びを楽しんできました。

2018IMG_0871.jpg
お天気が良くうららかな日で、お一人様500円の和舟は大盛況。大勢の人が楽しんでいました。

2018IMG_0894.jpg

2018IMG_0934.jpg
中には女性の船頭さんも。船頭さんって、船の先頭じゃなく、最後尾に乗るのね。初めて気がついた^^。
中には舟歌を歌っている人もいましたよ。

2018IMG_0954.jpg
ここは大横川という川。両岸に桜並木があります。この日はほぼ満開の見頃でした。

2018IMG_0963.jpg
川に沿って並び、順番を待ちます。景色が良いので、順番待ちも苦になりません。


2018IMG_1012.jpg
一時間半待ってやっと、順番がやってきました。

2018Img_1121.jpg
着物の上からライフジャケットを着て、いざ船旅に出発です。

2018IMG_1112.jpg
さっきまで見ていた景色を水面から見上げるのは一興。

2018IMG_1138.jpg
頭上真上に満開の桜。水面近くまで頭をたれ、舟から手を伸ばせば届きそう。

2018IMG_1129.jpg
川辺の壁に映った桜の影が、まるで描いた模様のようで面白い。

2018IMG_1154.jpg
Uターンして戻ってきて、橋をくぐると船旅はおしまい。

2018IMG_1173.jpg
船着場に戻ってきました。あー楽しかった!


【この日の装い】
2018Img_5925.jpg
羽織:いつものピンク
着物:グリーンの信州紬
帯:引き泊の名古屋帯
帯締め:若草色の丸ぐけ
帯揚げ:卵色のちりめん
羽織紐:ペリドットと淡水パール

 春色の羽織をこれしか持っていないものだから、いつもこればかりですが、どんな着物をもってきても合うので助かります。

 半衿をつけるヒマがなくて、美容衿のまま。そのまま使えるところが便利ですが、襟元が純白すぎて肌が負け、くすんで見えます。やはり襟元は生成りかオフ白でないと50代には厳しい。


2018Img_0849.jpg
そして今回もお約束のレスポートサック。ザッツ春!な柄で、持っているだけで楽しかったです。





2018IMG_1209.jpg

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

褒められちゃった^^

 洗濯物を干しにベランダに出たら、家の前の桜の木が花をつけていたので、もう咲いているのかと思い、家から5分の川辺に出かけました。

2018Img_0788.jpg
うーん残念。まだほとんど咲いていない。

2018Img_0805.jpg
まだちょぼちょぼ。一分咲き?

2018Img_0767.jpg
桜って、下のほう(幹に近いところ)から咲くんですね。

2018Img_0821.jpg
場所によっては五分咲きのところも。木によって違うようです。



【本日の装い】
2018Img_5891.jpg
羽織:お気に入りのピンク
着物:泥大島
帯:ポリ刺繍の名古屋帯
帯締め:さくら色の三分紐
帯留め:自作(さくら模様のなんちゃって蒔絵
帯揚げ:さくら色の梨地

 帯留めや羽織紐とかぶってうるさいので、前柄は脇にずらしました。羽織を着ていたから、ほとんど見えなかったかも。

 この帯はいままで一番出番のなかった帯。黒っていうのが意外と使えなかった。でもレスポートサックでうまくつながりました。柄の花までバッグと似てる^^。


2018Img_0760.jpg
もちろん今日もバッグはレスポートサック。

2018Img_0829.jpg
洋服だとこんな風。
カーディガンもパンツもヘビロテしているわたしの定番。



 桜はまだまだだったけれど、一つ、すごく嬉しいことがありました。

 桜並木で、下校途中の小学生低学年の女の子二人とすれちがったんです。二人ともすごくおしゃれさん。色とりどりのアイテムをかっこよく合わせていたので、わー、かわいい!と思い、すれ違ったあと、思わず後ろを振り返って見ていたら、向こうも「かわいいー!」と言いながら、わたしを振り返って見ていた!

 周りには他に誰も何もなかったから、かわいかったのは、間違いなくわたしです^^。

 着物を見ていたのか、レスポのバッグなのか分からないけど、あんなおしゃれさんたちに目にとめてもらえるなんて! すっごく嬉しかったです^^。


 レスポにハマってから、なぜか最近よく着物も着てますね。お蔵入りしがちだった着物がまた生かせて嬉しいです^^。

 


 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

横浜人形の家 後藤由香子展

 着物友だちに誘われて、横浜人形の家に行ってきました。お目当ては 『後藤由香子展 ~時空を超えた愛の贈り物~』。4月8日まで 雛人形作家・後藤由香子の追悼特別企画展をやっているのです。

 この方、わたしは初めて知ったのですが、一緒に行った友人の知り合いだそうで、その独特の美の世界にハマってしまいました! なんていうんだろう・・・。なんかもう、圧倒されてしまった。作品にも、その背後にあるものにも。

 昨年9月、49歳にして亡くなられたそうです。作品見ているだけで、なんだかその短い人生の充実ぶりが伝わってくる。そんな展示でした。

 わたしがくどくど説明するより、写真で見ていただくほうが早い。写真撮影可能だったのでたくさん撮ってきました。このブログには大きな写真は貼れませんが、クリックすると少し大きくなるので、そちらもどうぞ。作品には一つ一つ名前があるのですが、忘れてしまいました。

源氏物語
光源氏と紫の上。わたしが一番気に入った作品。

春爛漫の立ち雛

ベージュ

春

夏

秋

冬

ゲームキャラ
ゲーム会社とのコラボで、あるゲームキャラの雛人形だそうです。

2018Img_5770.jpg
人形のアップ。


2018Img_5774.jpg
カネボウのコマーシャルに使われたゴスロリ雛。三人官女つき。

2018Img_5756.jpg

2018Img_5757.jpg
衣装の刺繍。

2018Img_5766.jpg
ステンドグラスを使った大作。

天女・遊女?
お姫さまアップ。しどけなさが、お姫様というより遊女っぽい。
友だちは「遊女じゃなくて天女でしょ」と言うんですが・・・。

五月人形

馬
五月人形も少しありました。

2018Img_5795.jpg
「織部」という名前の織部焼をイメージしたお雛様。黒を使うことに周囲の反対を浴びたそう。

 友だちによれば、雛人形って、数十人の職人が、顔作り、衣装づくり、髪作りなど、細分化された工程をそれぞれに作る共同作業なのだそうです。後藤さんが多くの職人にそれぞれの工程を発注し、やっと一つの作品が完成するのだそうです。

2018Img_5751.jpg
衣装の生地見本。

 デザインのスケッチなども展示してあって、その気の遠くなるような作業や工程を考えたら、なんだかめまいがしちゃった。そういう根気やバイタリティって一体どうしたら生まれるんだろう?

2018Img_5767.jpg
2018Img_5758.jpg

 あと、この方はすごくきれいな方で、ご自分をモデルにした幻想的な写真もたくさん。ご主人はプロのカメラマンなのだそうで、下の写真がご夫婦なのだそう。

 わたしと5つくらいしか変わらないんですよー。年齢。やっぱり佳人薄命なのかなあ・・・。



 この方は雛人形作家の家に生まれた人形作家の3代目だそうですが、斬新な現代の好みを取り入れた作品を作るので、けっこう軋轢もあるのだそう。

 紹介ビデオの中では、「伝統って触っちゃいけないものだと思っている方が多いですけれど、その時代の人々が求めるものを作ることで、変わっていくものだと思うんです」というようなことをおっしゃっていました。本当にそうだと思いました。




【本日の装い】
2018Img_5731.jpg
羽織:お気に入りのピンク(正絹)
着物:きもの英のポリ小紋
帯:引き箔の名古屋帯
帯締め:三分紐二本使い
帯留め:自作(クランプ風ワイヤー細工
帯揚げ:綸子と絞り

 あー、なんかこんなきれいな写真をたくさんアップしたあとに自分の着姿とか、テンション下がるわー。

 ちなみに今回もバッグはレスポートサック。せっかく買ったので使いたい。

2018Img_0526.jpg

2018Img_0373.jpg
洋服だと、こんな感じにコーディネートしています。若草色が似合うパステルカラーのバッグです。


 一眼レフが入るバッグをわざわざ選んで買ったのに、今日は小雨が降っていたので、一眼レフを持っていかなかったのが悔やまれる。「なんで今日に限ってカメラ持ってこないのよー」と友だちには呆れられてしまった^^; 上の写真はiPhoneで撮りました。

 しかし一眼レフを持っていかなかったおかげで、バッグがガラガラ。暑くて脱いだ羽織をバッグに入れられたのは便利でした。


 ちなみに友だち:
2018Img_5740.jpg

2018Img_5741.jpg
雨だったので着物も帯もポリポリコンビ。
リバーシブルの半幅帯の結び方がオシャレだなあ。
アドリブ結びだそうです。カッコイイー。
わたしもリバーシブルの長めの半幅が欲しくなりました。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

着物×レスポートサック

 ポカポカ日和の日曜日、夫と鎌倉に行ってきました。久々の鎌倉、もしかしたらもう1年ぶりくらいかも。

 お寺や神社も行きましたが、今日印象的だったのは、小町通りです。お店がびっくりするほど変わっていました。いろんな種類のお店が増えて、より一層楽しくなった。食べ物一つとってみても、似たりよったりの店が淘汰され、その分、目新しいものを提供する店が増え、選択肢が広がりました。しかも「選ぶ楽しみ」を提供してくれるお店が多い。

お団子 チョコレート専門店
選べるお団子やら、チョコレート専門店やら。

いろんなフレーバーのお豆
いろんなフレーバーのお豆。

枡に入った宇治抹茶ティラミス
枡に入った宇治抹茶ティラミス。

抹茶の濃さを選べる抹茶アイス
抹茶の濃さを選べる抹茶アイス。

2018Img_0237.jpg
きのこのから揚げ屋さん。でっかいのから小さいのまで、サイズが選べる。

2018Img_0232.jpg

 しかも、キノコの軸が詰め放題で150円! 思わず熱中して詰めてしまった。帰宅後、ごま油で炒り、砂糖と醤油で煮付けて美味しく頂きました^^。

 

500円均一の美濃焼
小さなお猪口から大皿まで、500円均一の美濃焼の店。

オリジナルリングの店
オリジナルリングの店は人気すぎて、もはや店内にも入れない。

ふくろう園
なんとふくろう園まで登場!

2018Img_0337.jpg2018Img_0357.jpg
2018Img_0224.jpg2018Img_0334.jpg
着物のレンタルショップも増えていました。

 下の二軒は、どちらも着付けも髪のセットも込みで2900円。半幅帯の結び方は凝ってるわ、髪も編みこみにしてかんざしを挿したり。こんな至れりつくせりで2900円は安い。その金額なら、予定がなくても「ちょっと着てみようかな」って気分になるじゃないですか。

 案の定、明らかにレンタル着物と分かる着物姿の女子が、街に増えていました。浴衣ライクな鮮やかな色柄を着た若い女子が多かったですが、中には比較的落ち着いた色柄を着たわたしくらいの方も。


2018Img_0353.jpg
2018Img_0351.jpg2018Img_0350.jpg
甘味処のファストフード版っていう感じ? あんみつ360円は安い! 苺ぜんざい480円は、苺の酸味が美味しかった。「茶近」というお店。前からあったような気もしますが、リニューアルしたのかな? ずいぶん様子が変わっていました。

 この店に限らず、前からあったけど、リニューアルしてすっかり刷新された店も多い気がします。前からあった小さな古本屋さんが店舗だけオシャレになっていてビックリしたー。




【本日の装い】
2018Img_0001.jpg
羽織:ポリエステル
着物:昨年10月に浅草で買ったポリ小紋
帯:正絹の洒落袋(宇宙人柄)
帯締め:エンジ色の三分紐
帯留め:ブドウ型の琥珀のブローチ
帯揚げ:卵色のちりめん


 実は今回のコーディネートの主役は、帯でも着物でもなく、バッグでした。

 しかもレスポートサック(笑)。

 実は最近レスポートサックにハマっているのです。一度持ち始めたら、軽くて便利で、他のバッグは持てなくなっちゃった。

 それに柄選びが楽しい! レスポートサックの楽しさは、着物や帯の楽しさに通じるところがあると思います。着物も帯も形が決まっているので、色と柄だけに集中できる。レスポートサックも、ひとたび気に入った形にめぐり合うと、形は一つに決まり、あとは色と柄の違いだけとなるのです。

 同じ形のバッグを柄違いで短期間にいくつも買ってしまう。自分でもおかしいでしょ、と思う。しかしこの急激なハマりようはすでに着物で経験済み。着物にハマった5年前同様(そうか、もう5年になるのか)と同じだなあと思います。

 そして、新しいのを買うと、外に持って出たくなるのも同じ。「レスポ持ってどっか行きたいー」と言っていたら、夫が「じゃあ鎌倉でも行く?」と誘ってくれたのです。

 そんなわけで、「着物でレスポ」と相成り、こんなコーディネートに:
レスポートサック×着物

 ショルダーだと変かな?と思い、肩ヒモを最小に縮めてハンドバッグ風に手で持ちました・・・が、帰りは気づけば、肩にかけてしまっていた^^;。

 ちなみに、洋服のときは、こんな感じ:
2018Img_0210.jpg
たいてい斜め掛けにしています。荷物を置き忘れる心配がなく、両手が空いてラクなんだもの。


 帯でも着物でもなく、「バッグが主役!」って面白いな。

 まだまだたーくさんあるので、しばらく「着物×レスポ」で遊んでみようと思います。



【番外編 バッグの中身】
2018Img_0002.jpg
ズームレンズつきカメラ
長財布(かさばる)
耳あて・手袋
鎌倉・花ガイド本
ティッシュ・ハンカチ・マスク
口紅
ペン2本
サブバッグ(荷物が増えたとき用)

 レスポにハマったきっかけは、カメラのレンズを買い換えたら、それまでのバッグに入らなくなり、新しいバッグを買わなくてはならなくなってしまったこと。一つ買えばいいのに、服装に合わせて着替えようと、10以上も買ってしまった(汗)。


テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

伝統芸能の宴

 伝統芸能を見に行ってきました。能と狂言と、長唄と日本舞踊が一度に鑑賞できました。

2017_Img_5241.jpg
場所は、国立能楽堂でした。

2017_Img_5246.jpg

 わたしの席は写真の右端。橋掛かり(袖と舞台を繋ぐ通路をそう呼ぶらしい)のすぐそば。一般的には良い席ではないのかもしれませんが、役者さんがすぐそばで見られて大満足でした。

 能は「融(とおる)」という演目でした。幽霊の話だそうですが、セリフが全く聴き取れず(古い日本語)、話の筋がさっぱり分かりませんでした。

 狂言は有名な柿山伏で、あらすじを知っていたからか、セリフもほとんど聴き取れ、とても面白かったです。

 能はわたしには格調高すぎるかなー。狂言くらいがちょうどいい^^。

 長唄は「鶴亀」、日本舞踊は「月の煌々」という創作舞。二人の赤獅子の舞でした。

 一度に4つもの伝統芸能が鑑賞できて、大満足でした。 

2017_Img_5300.jpg
ロビーには様々な展示物が。

2017_Img_5307.jpg
エキゾチックなものも多かったです。

2017_Img_5222.jpg
これはヨルダンの寄木細工。

2017_Img_5254.jpg
アラブのコーヒーポットを鑑賞中。
友だちに撮ってもらいました。ヤラセ写真です^^;


 お客さんも着物姿の方が多く、目の保養になりました。

 そうそう、2年前のアラブ・チャリティー・バザーで、パレスチナの刺繍帯を売っていた方が、また素敵な刺繍帯で見にいらしていました。思わずお声がけしてしまいました。この日はシックな紬をお召しでした。着物が抑えた色目なので、帯の刺繍が引き立っていました。写真を撮らせてもらえばよかった;;


 【今回の装い】

2017_Img_4816.jpg
紋なしの訪問着
軽めの綴れ袋帯
平織りの帯締め

 能楽堂! 伝統芸能! ということで、ちょっと格調高めに訪問着。帯は綴れ帯ですが、少し軽め。

 でも他の着物姿の方を見ていたら、紬、小紋、訪問着など千差万別。特に「こう」という決まりはないんだな、と思いました。ただ「きちん」として見えればいい。紬でも髪をきちんと結い上げていると、カジュアルには見えない。要は洋服同様、「特別な日だからおめかししてきました」という気持ちが伝わる装いであればいいんだ、と分かりました。

 上に道行コートを着ていきました。舞台鑑賞は午後で、午前中は友だちと新大久保のコリアンタウンを散策。お昼は韓国料理を食べました。割と温かい日で、ヒートテックとズボン下をはいていたので、寒くはなかったです。



 実は能も狂言も、生で見たのはたぶん初めて。伝統芸能って、なかなか見に行くチャンスがないので、今回はお誘いをいただき、見ることができてよかったです。

2017_Img_5214.jpg

 




 

テーマ : きもの キモノ 着物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
50歳にして着物を着始めた、最初の一年間の日記です。 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ